3種類のしわの原因には特に気をつけるようにしましょう

ロゴのaltを入れてください

笑顔の人

しわの種類を知っておこう

乾燥によるしわ

悩む女性

肌の潤いを保つため、毛穴から皮脂が分泌されます。しかし皮膚が薄い目尻は皮脂の分泌量がとても少なく、すぐに乾燥してしまいがちです。目の周りだけではなく、口元の皮膚にも同様のことが言えます。年齢が現れやすい部位に共通していることは、乾燥しやすいという点です。乾燥対策を徹底することでしわの悩みはしっかりと解消されるでしょう。

顔全体のたるみ

女の人

年齢を重ねると肌にハリがなくなってしまいます。たるみはしわを深くすることに繋がるので、目尻のしわも悪化してしまうのです。目のまわりには脂肪が付きやすく、むくみやすくなっています。これらはたるみを引き起こすため、出来るだけ早めに改善させることが必要です。マッサージやスキンケアを行なうことが最適ですが効果には個人差があります。

表情筋の衰え・発達

笑顔の女性

笑った時には目尻が下がるものです。人によっては表情によってしわが出来てしまうことがあります。真顔でも目尻のしわが消えない場合には、表情じわであることを疑ってもいいでしょう。表情筋の付き方も人によって異なりますが、骨格によってしわが出来やすくなっていることも考えられます。この場合はマッサージなどを行なうことが効果的です。

早い段階での気づきが大切

「しわができたかもしれない」と思うと、鏡を見ることも億劫になり自分の姿から目を背けたくなるものです。しかし、現実を知った上で必要なスキンケアや美容施術を受けないと後で後悔してしまうことになります。

艶やかでハリのある肌を目指すためにできる4つのステップ

ステップ1:自分の状態を把握

人は第一印象が大切ですよね?そのときに受ける印象で相手の年齢などを推測するため、肌の状態を良くしておくことも必要となります。
目尻にしわがある人や肌にハリやツヤが無い人は、見た目年齢も実際の年齢よりも上になってしまうことがあるため、若く見られたい人は肌を美しく保つためにまずは現状把握をしましょう。

ステップ2:コンプレックスの原因を探る

鏡をみたときなど、ふとした瞬間に目尻のしわが気になった人は早めに対策をとるようにしましょう。乾燥や紫外線が原因でしわができている場合は、早めの対策で進行を食い止めることができます。また、早めに原因を知ることができれば、それなりの対策や予防をすることもできるため、気になったら直ぐに行動するようにしましょう。

ステップ3:自分でできる対策を考える

目尻のしわが気になったときにできる事といえば、スキンケア用品を見直すことと普段のケア方法を見直すことです。自分が普段から使っている化粧水などはしっかりと保湿成分が含まれているのか確認をしたり、手順が正しいかどうか確認したりすることで正しい方法を学び改善することができます。また、自分でケアできないしわは美容整形などの専門美容施術を受ける選択肢も考えておくといいでしょう。

ステップ4:プロの力を借りる

改善方法といっても自分の力でできる事には限界があります、どんなに基礎化粧品を見直して正しい手順でケアをしても悪化してしまったしわは簡単には治りません。そういった場合は美容外科のカウンセリングを受けてみましょう。そうすれば、自分では解決できない目尻のしわを改善する施術を提案してくれます。

綺麗になるとポジティブになる

目立つところにしわができると気分も落ちます。しかし、適切な対処をして効果を実感した時は想像以上に幸せな気分になることでしょう。オシャレをすることもメイクをすることも楽しくなり毎日が変わります。