適当なスキンケアがしわができる主な原因になることもあります

ロゴのaltを入れてください

笑顔の人

スキンケアに関する知識

洗顔する際の強さに注意

洗顔

スキンケアの基本は洗顔だと言えます。毛穴に詰まった汚れを落とすためには洗顔石鹸を泡立て、優しく肌に乗せるようにして洗うことが大切です。この時に肌をゴシゴシ擦ると細かい傷が付いてしまい、肌を綺麗にするどころか逆効果を招く恐れがあります。繊細な肌は刺激に弱いため、丁寧かつ優しく撫でるように洗うと良いでしょう。泡立てネットなどを使えば細かい泡を作れます。

洗顔後にはすぐに保湿を

保湿

洗顔後に肌が突っ張るような感じがするのは、既に乾燥が始まっているというサインです。洗顔石鹸によっては必要な油分も取り去ってしまうものがあるため、洗顔を終えたらすぐに保湿し、水分が逃げないようにしておく必要があります。入浴後は体が温まっているので、水分は余計に蒸発しやすくなっている状態です。お手頃な価格の化粧水なら全身に使用出来るので便利でしょう。

鏡を見る女性

日焼け止めで紫外線から肌をブロック

日焼け止めを選ぶポイントとして、2つの値に値することが大切です。SPF値は日焼けや肌の炎症を予防するための数値です。PA値は毛穴の開きやしわを予防する効果を表す数値になるため、紫外線によるダメージを気にするならPA値が高い日焼け止めを選択する必要があります。これらの数値は日焼け止めのパッケージなどに記載されているので、簡単に確認出来ます。

手と水

汗に備えてウォータープルーフ

日焼け止めにもウォータープルーフタイプの商品があります。汗をかいたりプールや海に出かけたりしても、効果が落ちることはありません。しかしより高い効果を維持させるためには、2時間から3時間ごとに塗り直す必要があります。服などで擦れて落ちてしまうことも考えられるので、コンパクトなサイズの日焼け止めを持ち歩いておくと安心です。

ウーマン

肌に優しい成分を選ぼう

日焼け止めを化粧下地として使用する人も居ますが、長時間肌に付けっぱなしにする化粧品の安全性はしっかり確認しておかなければいけません。人によっては日焼け止めによって肌が乾燥してしまうこともあります。保湿成分などが配合されているようなタイプであれば、安心して使用することが出来る他、乾燥対策にも大きな効果を発揮してくれるのです。